FC2ブログ
「夢」 ― つれづれに
アイエーグループ社長   「もりやひでとし」の日記
プロフィール

アイエー

Author:アイエー
「もりやひでとし」の日記へ
ようこそ!

QRコード

QRコード

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランチミーティングは楽しい
 ホームインステッド事業は大阪府南部に4つのステーションを展開しています。 担当地域は全て隣接しているのですが、オフィスが別々にあるので隣のことは殆どわかりません。 みんな頑張っているし、みんな同じことで困っているのでしょうが、互いに励ましあうことも中々できません。
 そんなこともあって、今年の春から4つのステーションを独立運営にすると同時に始めたのが「ランチミーティング」です。
 毎月1回、全員で一緒に昼食をとりながら、できるだけ楽しい話をします。 「自慢話」「嬉しかったこと」などなど、順番に一人一人が発表します。 進行は4つのステーションが交代で担当し、昼食のメニューも毎回工夫してくれています。
 今日で5回目。 いつも以上に皆が楽しそうに話をしてくれているのを見て、私はとても嬉しくなりました。 今までは何となく盛り上がりにくくて、「これも仕事」の雰囲気のようでした。 ところが回を重ねてくる毎に、みんな上手に話してくれるようになって、それぞれの1ヶ月間がほのぼのと伝わって来るようになりました。 1時間半があっという間に過ぎ、終わった後は皆の表情がとても素敵に見えます。
 「うまく行った話」「嬉しかった話」は皆を元気にすると共に、久しぶりに会う仲間の頑張りは、自分も嬉しくなります。

 いつも手作りのデザートを用意してくれる松村さんに、お礼を申し上げます。 今回はとてもおいしい“葛饅頭”でした。
スポンサーサイト
ご神体のないお祭りは、理想の地域連帯
 「帝塚山まつり」の手伝いをさせてもらいました。
 20回を数える地域のイベントだそうですが、不思議な経験をさせて頂きました。
 先ずは、柱がないこと。 神社だとか、学校といった「ご神体」がありません。 地域の祭りではあるのだけれど、組織らしい組織も感じません。 中心になっている人はおられますが、絶対的な権威でもなければ、地域の親分でもない。
 「これでどうなるのか?」と心配になるほど“組織”が作られていません。 「命令系統」「役割の分担」「職務分掌」が見えてこない。 「果たしてこれでイベントは成立するのだろうか????」

 祭りは始まった。
 一人一人が勝手に動いているように見える。 誰かが指示をしている様子もないが、それぞれが動いている。 不思議・・・・・。
 20年の歴史と言うのか、地域のつながりと言うのか、ベクトルが合っているとでも言うのか、何となくうまく進んでいる。

 見物客の家族がいる。 若い夫婦と小さい男の子。 スーパーボールすくいのお世話役をしていた私に「ゲーム券」を差し出して男の子にスーパーボールすくいをさせる。 そのまま横の椅子に座って家族の団欒。
 その他にお客さんが来なかったので私がその場を離れたしばらくの間に、お客さんが殺到。 戻ってきた私が見たのは、その若い夫婦が汗だくでやっているスーパーボールすくいの店番。
 「多分この若い夫婦も、数年前まで祭りの中心に居たのだろうなあ。」

 20年の祭りの歴史は、マニュアルや組織を超えた強さを見せてくれた。 全員が、自分のするべきとことを知っている。 義務感はないし、悲壮感もない。
 こんな会社運営ができるのが経営者の理想かなあ。
「リッツカールトン東京」 その2
「ENTRANCE FOR OUR MOST IMPORTANT GUESTS」と書いてあったので、自信を持って入っていきました。
守衛の方が飛び出してきて、「申し訳有りません。こちらは従業員用入口です。お客様用玄関にご案内致します。」

リッツカールトン東京では、最も大切なゲストは「従業員」です。
お客様が「上」で、ホテル従業員が「下」という関係は、リッツカールトンでは成り立ちません。 従業員も、お客様と対等に大切にされますが、同時に、リッツカールトンのお客様と同じだけの人格が求められます。
 “お客様と良い関係を作る為には、人として対等でなければならない”
リッツカールトンは、上位5%のお客様の感性を満足させるサービスを目指しています。 社会的にも経済的にも世界の上位5%の人が十分満足できるホテルが目標です。 その為には、ホテルの従業員も同じ感性を持っていなければなりません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。