FC2ブログ
「夢」 ― つれづれに
アイエーグループ社長   「もりやひでとし」の日記
プロフィール

アイエー

Author:アイエー
「もりやひでとし」の日記へ
ようこそ!

QRコード

QRコード

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

真剣に“真剣”
 “真剣にやろう”と言っても、“真剣”がわからない。
 “真剣にやろう”と言っても、真剣になれるものではない。
 “真剣にやる”方法は、本当の真剣を持って勝負するしかないのかもしれない。
 切るか、切られるか! 生きるか、死ぬか! 遊びじゃなくて、本当の本当の本当の刀、“真剣”。
 切るか、切られるか! 生きるか、死ぬか!
 それを体験することなんて、今の日本には必要ないのかもしれない。
 真剣じゃなくても何の不自由もなく生きていけるし、誰も“真剣”なんて求めないし。
 特に今、労働基準法に守られて、有給休暇消化率がテーマになって、、、、こんな時代に会社で“真剣”なんて無理かもしれない。
 (こんなこと言ってはダメでしょうね、経営者が)
 残念ながら、“真剣に仕事をしている人”を見たことがない。 「真面目に仕事をしている人」や「賢い人」「熱心な人」は見たことがあるけれど。
 それでも我が社は今、“真剣”に『真剣』にこだわっています。
 仕事に燃えて、家族を愛して、地域のお役に立つ本当に“幸せ”な社員を作りたいために。


スポンサーサイト
挨拶の練習を真剣にしています。
 ダスキンお掃除用具の交換にお客様のお宅を訪問する仕事をしている人たちがいます。
 その人たちみんなの今年のテーマは『当たり前のことを当たり前にできるようになろう』です。

 お客様のところでは挨拶をしよう ― 当たり前
 お釣りは正しくお返しましょう  ― 当たり前
 お客様には丁寧にお礼を言おう  ― 当たり前
 ・・・・・・・・・・・・・・  ― ・・・・

 今までにも挨拶の練習はしてきていますが、今ほど真剣にやっている時はありません。 と言うのも、取り組んでいるみんなの表情がいままでとは全く違うからです。
 みんなは、「当たり前ってこんなに難しい」と感じているのではないでしょうか。
 ある人の一言、「今まで10年間、私は何をしてきてたんだろう!」

 挨拶には品質があります。 「当たり前」にも真髄があるようです。


ダスキン三宝支店 サマーパーティ
 7月9日、リーガロイヤルホテル堺において、『ダスキン三宝支店サマーパーティ』を開催しました。 40人が参加して、11月に全員そろって東京ディズニーランドへ行くことを誓いました。
 参加資格は、
 ①お客様のことを第一に考える三宝支店メンバーに成るためのテーマに真剣に取り組むこと。
 ②チームのメンバーとして、後ろ向きの発言は絶対にしないこと。
 9月までの3ヶ月間、三宝支店は売上を上げることだけを追うのではなく、全員が力をあわせてお客様のお役に立つことを真剣に考えて行くことを実践目標とします、

 楽しかった“サマーパーティ”。
 この次は東京ディズニーランドで一層盛り上がります。

「おなかもいっぱい」
「みんなで、がんばろう!」

“BELL”誌には配る人の名前を書き込みました。
 6月から配り始めたミニコミ誌“BELL”には配る人の名前を印刷しました。 一人100枚ずつの配布をお願いしましたから、100枚ずつ、名前を刷り込みました。
 発行責任者の名前を書くことはありますが、配る人の名前が書いてあるのは珍しいのではないでしょうか? 営業用のチラシやカタログには担当者名のゴム印を押してあるのをよく見かけます。 それを、あえて印刷までしてしました。
 願いは、配る人が内容に賛同して配っていただきたいから。
 とかく配ることだけが目的になりがちですが、配る作業ではなくて、情報を届けることを意識してもらいたいと思ったからです。 お届けしたご家庭の幸せを願い、読んで下さる方の幸せを願って、“BELL”誌をお配りしています。