FC2ブログ
「夢」 ― つれづれに
アイエーグループ社長   「もりやひでとし」の日記
プロフィール

アイエー

Author:アイエー
「もりやひでとし」の日記へ
ようこそ!

QRコード

QRコード

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000年以上も続いている会社
 京都にある「伝來工房」と言う会社を見学させて頂きました。
 遣唐使として中国へ渡った弘法大師が日本に戻ってきたときに中国から連れ戻った鋳物職人が起源と言う会社です。それ以来、寺院にある鐘や燈籠を作り続けています。今では家の門扉などを作っています。
 今、「伝來工房」は“環境整備”で有名な会社になっていますが、そこで教えて頂いたたくさんのことの中でも私の心に残っていることがあります。それは1000年以上の歴史を持っている会社だから言えることです。
 「私たちの会社から出た商品は100年、200年、時には1000年以上もそこにあり続けます。だからいい加減な商品は作れないんです」。「いい加減なものを作ったら、ずっと恥ずかしい思いをし続けなければなりません」。
 そこから生まれてきたのが“環境整備”です。俄か思い付きの“環境整備”ではないことを感じます。中途半端じゃない環境整備のことをもう一度ここに書けたらよいと思うのですが、残念ながら私にその資格はありません。


スポンサーサイト
“S-cube”に入居しました
 “S-cube”って知ってます?
 正式名称は「さかい新事業創造センター」と言います。要するに、堺市が作ったインキュベーションセンターです。インキュベーションセンターって何かと言うと、新しい事業を起こそうとしている人を応援してその事業の成功を推進するための施設です。堺市の活性化と雇用創出につながることを目指しています。
 先ずは、考えたり事業を行う場所を貸してもらえます。それから、考え方や進め方を指導してもらえます。そして、同じように新事業を起こそうと考えている人同士の交流を促してくれます。だから、単なる場所貸しのテナントビルではなく、かといって学校でもなく、ベンチャービジネスを志す人の実践道場とでも言いましょうか。そこに、私の新しい会社が11月1日から入居することになりました。
 入居するには審査があります。事業計画書を提出して、それに基づいてビジネスコンサルタントの先生や堺市の面接審査を受けます。入居するには、事業の成功の可能性や経営者としての覚悟を問われることになります。そこに、62歳になって入れて頂けることになりました。
 昔からベンチャービジネス志向はあった私ですが、若い人たちに交じってもう一度挑戦できることにワクワクしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。