FC2ブログ
「夢」 ― つれづれに
アイエーグループ社長   「もりやひでとし」の日記
プロフィール

アイエー

Author:アイエー
「もりやひでとし」の日記へ
ようこそ!

QRコード

QRコード

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

野球は9人でやっている
 広島東洋カープの新監督、野村謙二郎氏の新人時代の話です。

 駒澤大学からドラフト1位で広島カープに入団した野村選手は周囲からの大きな期待に何とか応えようと必死でした。 しかし、思うように結果には繋がりません。 その時に声をかけてくれたのが、後に監督に就任する三村コーチでした。
 「そんなに焦るな。 出来んことは出来ん。 周りから聞こえてくる話しは受け流せ」
 大型新人に対する期待や激励、厳しい新聞記事などで野村選手は押しつぶされそうになっていました。
「野球はなんでポジションが別れてるか分かるか? 役割分担して皆でするのが野球や」
 三村コーチにそう言われて、野村選手はグッと楽になったそうです。 自分ひとりで頑張ろうとしないで、皆でやろうと思った時に、自分自身の中のプレッシャーでつぶれてしまいそうになっていた自分が救われた思いがしました。

 人と一緒にプレーをすることを思い出したのはとても大きかったと当時を振り返って野村監督は言います。 自分が頑張るだけでなく、人の頑張れる場所も作ってあげる。 同時に、信頼して任せることや人のために力を貸すことも知ったといいます。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hmoriya.blog64.fc2.com/tb.php/109-da9f4676
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)