FC2ブログ
「夢」 ― つれづれに
アイエーグループ社長   「もりやひでとし」の日記
プロフィール

アイエー

Author:アイエー
「もりやひでとし」の日記へ
ようこそ!

QRコード

QRコード

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最強の二人」と愛の輪
 ダスキン愛の輪基金の映画鑑賞会を開催しました。タイトルは「最強の二人」。
 脊椎損傷で首から下が完全にマヒしてしまった大金持ちと、その介護をすることになった貧しい黒人青年の話。この映画を見て一番印象に残ったのが「彼は私のことを憐れんでいない」と大金持ちが言った一言。もともと青年は介護をする気がない。介護人募集に応募するが不採用通知を欲しかっただけ。不採用通知3枚集めると失業保険が受け取れる。そのために不採用を承知で応募しただけ。そんな黒人男性が行きがかり上、大金持ちの介護をすることになったんだけれど、非常にぶっきらぼうで不熱心。それが大金持ちには新鮮で嬉しかったのだろう。
 私たちは相手のことを思っているからこそ、親切にすることがいいことだと思うし、気配りをする。この映画を見て考えさせることは大きい。本当の相手の気持ちとは?


 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hmoriya.blog64.fc2.com/tb.php/197-b8cda311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。