FC2ブログ
「夢」 ― つれづれに
アイエーグループ社長   「もりやひでとし」の日記
プロフィール

アイエー

Author:アイエー
「もりやひでとし」の日記へ
ようこそ!

QRコード

QRコード

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スイッチを入れる方法は?
 筑波大学名誉教授の村上和雄先生からお聞きした話の続きです。
 人間の遺伝子を研究してこられた先生は、いくつもの事実に気づかれました。 「人の遺伝子は、男女、人種、時代にかかわらず、99%以上が皆同じだと言うこと。」 「莫大な人の遺伝子情報の内、働いているのは全体の3~5%しかないこと。」
 これは何を意味しているのか? 人それぞれに個性があって、たくさんの違いが有りますが、その元である遺伝子にはそれ程の違いは無い。 なら、どこで個性ができているのか?
 村上先生は「その違いは働いている3~5%の遺伝子の違い」と考えました。 働いている遺伝子が全人類同じならよく似た能力や性格の人間がたくさんできるのですが、違う遺伝子が働いているために、人それぞれの違いができている。 “素晴らしい能力を発揮している人”と同じようになりたくても、自分のその遺伝子は働いていない。
 「自分の成りたい自分に成るためには、自分の中にある“好ましい遺伝子”を働かせてやれば良いのではないか」と、村上先生は考えました。 その遺伝子を“ON”にする方法がわかれば、成りたい自分になれるかも???
 ヒントは“笑い”だとか。。。。。。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hmoriya.blog64.fc2.com/tb.php/47-69fa2b59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)