FC2ブログ
「夢」 ― つれづれに
アイエーグループ社長   「もりやひでとし」の日記
プロフィール

アイエー

Author:アイエー
「もりやひでとし」の日記へ
ようこそ!

QRコード

QRコード

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「厳しい会社に入って良かったと思います」
 若い社員と対話の会をしています。
 今回は、事務管理を担当している女性社員に頼んで、彼女が前に勤めていた会社の話をしてもらいました。 と言うのは、「前の会社はとても厳しい会社だったんですが、今思うと社会人一年生としてあの会社に入社して良かったと思います。」と彼女が以前話していたからです。
 新卒で入社したその日から社長研修があって、徹底的に社会人の基礎を教え込まれたそうです。 先ず、入社日の帰宅時間は夜の11時。 家族の人は「歓迎会で遅くなったのか?」と聞いたそうですが、なんのなんの、その時間まで社長研修が続いていたそうです。 それから1ヶ月間毎日社長研修。
 社会人としての心構えや基本的な考え方などを体育会系の研修方針で教えられ、兎に角厳しい。 徹底的。 納得できないことばかりだったそうですが、それが今では全て役に立っていると言います。 当時、社長さんから教えられたノートのとり方に従って纏められた研修ノートを持ってきて見せてくれましたが、今見ても役に立つことばかりだと感じるそうです。
 会社は人が全て。 人を鍛えなければ会社は成長しません。 人の成長が即ち会社の成長だとすれば、素晴らしい会社と言うのは『社員に真剣』な会社と言えるように思います。
 社員教育に手を抜かない。 できの悪い社員を社員のままで残しておかない。 厳しい会社に入った人は幸せだと、私は思います。 私が社長として感じるのは、「売上を上げるより、人を育てる方がはるかに難しい」です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hmoriya.blog64.fc2.com/tb.php/63-89d76c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。