FC2ブログ
「夢」 ― つれづれに
アイエーグループ社長   「もりやひでとし」の日記
プロフィール

アイエー

Author:アイエー
「もりやひでとし」の日記へ
ようこそ!

QRコード

QRコード

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケアスタッフを続けていられる理由
 高齢者のお世話をしている「ホームインステッド」。 ヘルパーさんのようにお年寄りのお世話をする人を“ケアスタッフ”と呼んでいます。 50歳代から60歳代の女性が中心で、約200名のメンバーがいます。 先日、その中の1人の人から聞いた話をご紹介します。

 そのケアスタッフさんは山陰地方の出身で、身内の不幸があって急にそちらへ帰らなければならなくなりました。 ところが、その時は既に担当する仕事のスケジュールが入っていました。
 「あぁ、会社に電話をして仕事を断らなければならない。 色々言われるだろうなあ。 いやだなぁ。」
 そう思いつつ、気の重いままに会社に電話をして事情を説明しました。
 そしたら、
 「何を言っているの! 急いで帰りなさい。 しっかりおつとめをしてくるのよ。」
と、電話の向こうから意外な言葉が返ってきたと言うのです。
 「急に休むことになって御免なさい。」 「誰か代わりの人を探すのは大変だろうな」と心の中で思いつつも、急いで帰省しました。

 「ホームインステッドでは、突然、仕事が入るってことがよくあるんです。 今の電話で今すぐのサービスとか。 急に言われても・・・と思うのですが、それでもあの時に私の突然の無理を聞いてもらったんだから、その分、できることは頑張ろうと思ってるんです。 だから続くんですね。」

 素敵なケアスタッフさんに教えて頂いたこんな話しを、いつも大切にしたいと思っています。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hmoriya.blog64.fc2.com/tb.php/68-4dfeef49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。