FC2ブログ
「夢」 ― つれづれに
アイエーグループ社長   「もりやひでとし」の日記
プロフィール

アイエー

Author:アイエー
「もりやひでとし」の日記へ
ようこそ!

QRコード

QRコード

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

【追加報告その2】サンフランシスコの地下鉄の話
サンフランシスコは市内中心部から空港まで地下鉄一本で行けます。
 そこで私は、ホテル近くの地下鉄駅「パウエル」から、大きな荷物を持って空港へ向かうことに挑戦してみたくなりました。
 「荷物が大きくても改札口は通れるのか?」
 「朝のラッシュ時に大きな荷物を持って地下鉄に乗れるだろうか?」 ?????
 先ずは下見。 前日夜の内に、地下鉄の駅へ下見に行きました。
 切符の買い方は大体分かりました。 ただ、残念ながら改札口は狭くて私のバッグは通りそうにありません。 特にバッグ二つを1人で持っては無理です。 どうしようかと思案しながら佇んでいると、1人の青年が自転車を肩に乗せて改札口にやって来ました。 その彼は、切符を自動改札に通すと、その改札口は通らずに隣の大きな扉を押して開けて中に入っていきました。
  「そうか!」。 納得です。 これで明日の朝は、私も旅なれたシティーボーイ間違いなし!

 翌朝、大きな荷物を持った私は「パウエル」駅にやって来ました。 自動券売機であらかじめ調べておいた料金の切符を買おうとしました。 ところがこれが曲者で、日本の券売機のようには行きません。 英語の指示に従って順番にボタンを押したのですが、結構時間がかかってしまいました。 ところが、今回の最大の椿事はその後に起こりました。
 10ドル札を入れて、5ドル40セントを入力してボタンを押しました。 そしたら突然、“スロットマシーン”状態になったのです。 5セントコインがジャラジャラ、ジャラジャラ音を立てて落ちてきました。
 5セントコイン92枚。 釣銭は全て5セントコインだったのです。
 自動券売機の横に10ドル札と20ドル札を細かくする専用の両替機が有ったのですが、その意味がその時に分かりました。
 私のポケットは5セントコインでパンパンになってしまいました。

 朝の通勤時間にもかかわらず、電車の中は結構ガラガラ。 私の前には通勤用の自転車を電車に持ち込んだ若い女性が座っていました。
 ラッシュの心配のないサンフランシスコの地下鉄ですが、券売機にはご用心を。


 サンフランシスコは市内中心部から空港まで地下鉄一本で行けます。
 そこで私は、ホテル近くの地下鉄駅「パウエル」から、大きな荷物を持って空港へ向かうことに挑戦してみたくなりました。
 「荷物が大きくても改札口は通れるのか?」
 「朝のラッシュ時に大きな荷物を持って地下鉄に乗れるだろうか?」 ?????
 先ずは下見。 前日夜の内に、地下鉄の駅へ下見に行きました。
 切符の買い方は大体分かりました。 ただ、残念ながら改札口は狭くて私のバッグは通りそうにありません。 特にバッグ二つを1人で持っては無理です。 どうしようかと思案しながら佇んでいると、1人の青年が自転車を肩に乗せて改札口にやって来ました。 その彼は、切符を自動改札に通すと、その改札口は通らずに隣の大きな扉を押して開けて中に入っていきました。
  「そうか!」。 納得です。 これで明日の朝は、私も旅なれたシティーボーイ間違いなし!

 翌朝、大きな荷物を持った私は「パウエル」駅にやって来ました。 自動券売機であらかじめ調べておいた料金の切符を買おうとしました。 ところがこれが曲者で、日本の券売機のようには行きません。 英語の指示に従って順番にボタンを押したのですが、結構時間がかかってしまいました。 ところが、今回の最大の椿事はその後に起こりました。
 10ドル札を入れて、5ドル40セントを入力してボタンを押しました。 そしたら突然、“スロットマシーン”状態になったのです。 5セントコインがジャラジャラ、ジャラジャラ音を立てて落ちてきました。
 5セントコイン92枚。 釣銭は全て5セントコインだったのです。
 自動券売機の横に10ドル札と20ドル札を細かくする専用の両替機が有ったのですが、その意味がその時に分かりました。
 私のポケットは5セントコインでパンパンになってしまいました。

 朝の通勤時間にもかかわらず、電車の中は結構ガラガラ。 私の前には通勤用の自転車を電車に持ち込んだ若い女性が座っていました。
 ラッシュの心配のいらないサンフランシスコの地下鉄ですが、券売機にはご用心を。

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hmoriya.blog64.fc2.com/tb.php/77-b10ef954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)