FC2ブログ
「夢」 ― つれづれに
アイエーグループ社長   「もりやひでとし」の日記
プロフィール

アイエー

Author:アイエー
「もりやひでとし」の日記へ
ようこそ!

QRコード

QRコード

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある結婚式のこと
 先日、ある結婚式に出席させて頂きました。 決して、豪華な結婚式ではありませんでしたが、ほのぼのとした暖かい結婚式だったと思います。
 聞くところによりますと新郎新婦には貯金が殆どなく、結婚式の費用は最初から親頼みだったそうです。 それでも、本人たちは一生に一度の結婚式を自分たちの思いをこめた精一杯の結婚式にしたかったようで、かなり無理をしていました。
 今流行の色々な趣向を凝らし、目新しい細工や演出が施されていました。 決して派手ではないのですが一つ一つにそれなりの費用が掛かっていたことと思います。

 昔から、「入るを計って出を制す」と言う言葉があります。
 結婚披露宴にどれだけのお金を掛けるかはさておいて、「入る」を知ることは新婚家庭だけでなく社会人としては基本中の基本です。 どんなにたくさんの収入が有っても、入ってくる以上に使ってしまえば、破産してしまうことは明らかです。
 一方、これから「出て行く」金額、即ち、「必要な」金額を意識して収入を増やす努力をすることも大切なことです。 老子の「欲望を生かした自己啓発」という教えがありますが、「限界」を意識して「挑戦」を諦めるのではなく、「欲望」を叶えるために「限界」に「挑戦」することも、人として大切なことだと私は思います。

 「こんな家庭を作りたい」という思いが、「二人で頑張ろう」につながって欲しいと願います。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hmoriya.blog64.fc2.com/tb.php/81-518013cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。