FC2ブログ
「夢」 ― つれづれに
アイエーグループ社長   「もりやひでとし」の日記
プロフィール

アイエー

Author:アイエー
「もりやひでとし」の日記へ
ようこそ!

QRコード

QRコード

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は、こんなにも素晴らしい!!!!!
 高齢者のお世話をするホームインステッド事業で、お年寄りのお世話に頑張って下さっている“ケアスタッフ”さんの表彰式を行いました。

 公的介護保険を使わないこのサービスでは、『お年寄りの家族になる』ことを目標にしています。
 人が生きていくために最低限必要なお世話をしてくれるのが「公的介護保険制度」です。 国がそれを補償しています。
 しかし、人が“意欲を持って”生きていく為には、「動物」としての生命を維持することだけではなく、「人」としての存在を認めることがとても大切です。 例えば、「自分のことを気にしてくれている人がいる」ことや「自分が人のお役に立っている」ことの実感です。 ホームインステッドでは、お年寄りの生活に寄り添って、その人のことを大切に思ってあげる「家族」になることを目指しています。

 それを引き受けて下さっている“ケアスタッフ”さんの表彰式を春と秋にさせて頂くことにしています。
 今年の春の表彰式では、21人の方がその対象でした。
 食事会の後、おひとりお一人に話しをして頂いたのですが、「こんなに素晴らしい方が」「ここまで頑張ってるんだ」と、改めて目頭が熱くなる思いでした。
 語られる一言一言が、お客様であるお年寄りへの“熱い想い”です。 きっと、そのお年寄りのご家族にも負けないと思います。
 なぜ、そんな想いを持つことができるのかは、自己紹介の中でも感じることができました。
 何人のケアスタッフさんが言ったでしょう。
 「趣味は、お年寄りと触れ合うことです」
 「趣味はお年寄りと一緒にいることです」
 「お年寄りが好きです」

 お年寄りのお世話を「収入の為」にはしていないから、ここまでの想いを持てるのだと確信しました。
 ホームインステッドは、お年寄りのお世話をするサービスであると同時に、こんな素晴らしいケアスタッフさんの想いを実現するサービスでもあるのです。
 表彰させて頂いたケアスタッフさんの多くは、60歳以上の女性でした。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hmoriya.blog64.fc2.com/tb.php/91-d76a9a13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。